龍馬の宿 南水

ご宿泊プラン一覧・ご予約

坂本龍馬ゆかりの宿

龍馬の面影を今につたえて。

土佐が生んだ幕末維新の英雄・坂本龍馬。
当館は、彼が生前暮らした高知城近くの屋敷跡に佇んでいます。
南国土佐の気風と龍馬の面影をそこかしこに散りばめた空間が皆様をお迎えいたします。

龍馬
龍馬愛用の紋服

京都国立博物館所蔵の龍馬愛用の紋服を霊山歴史館で複製の際に割り出した採寸に基づき、忠実に再現。ロビーにて展示しております。

龍馬サロン

開閉ボタン

ロビーには龍馬の肖像画や、数々の資料を展示しております。
サロンでゆっくりと龍馬の世界に浸りながら、歓談のひとときをお過ごしいただけます。
当館ならではの坂本龍馬体験をお楽しみください。

龍馬サロン

龍馬らいぶらりー

開閉ボタン

司馬遼太郎「龍馬がゆく」をはじめ、龍馬に関する豊富な資料図書を自由にご覧いただける「龍馬らいぶらりー」。龍馬関係の書籍を三〇〇冊以上ご用意いたしております。ごゆっくりとお楽しみください。

龍馬らいぶらりー

維新階段

開閉ボタン

一~七階までの階段に、龍馬三二年の生涯を綴った四〇数点のパネルを展示しております。
激動の幕末の時代、日本の夜明けのために活躍した龍馬の生涯をご覧下さい。

維新階段

龍馬チャンネル

開閉ボタン

龍馬サロンにて映画やドキュメンタリーを放映しております。各お部屋へDVDの貸し出しも承っております。

龍馬チャンネル

龍馬を支えた道のご案内

馬の屋敷跡に立つ南水の周辺には、彼の存在を身近に感じることができる史跡が数多く残されています。ふらり、幕末浪漫の散策に出かけてみませんか?

徒歩見学コース(約40分)
徒歩見学コース(約40分)
坂本龍馬誕生地

い 坂本龍馬誕生地

天保6年(1835)11月15日、土佐藩郷士・坂本八平の次男として龍馬誕生。それを記念するこの碑の前で、毎年11月15日に「龍馬誕生祭」が開催される。

龍馬の生まれたまち記念館

ろ 龍馬の生まれたまち記念館

龍馬が生まれ育った上町の歴史や文化、家族などを模型や映像を使って紹介している。

■ 開館時間8:00~19:00(年中無休)
最終入館時間 18:30
■ 入館料300円(高校生以下無料・団体割引・障害者等割引あり)

は 才谷屋跡(推定)

坂本家の本家で、当時質屋だった「才谷屋」の跡地。

近藤長次郎邸跡

に 近藤長次郎邸跡

実家は饅頭屋で、家業を手伝いながら学問も剣の修業も怠らなかったという。 勝海舟に学び、亀山社中では中心人物として龍馬とともに活躍した。

ほ 河田小龍塾跡

「画を学ぶならまず学問より入れ」とは小龍の言葉。21歳の龍馬は彼に我が道の指針を求め、世界に目を向ける。

へ 日根野道場跡(推定)

龍馬が14歳から10年間、剣術の修行をした道場跡。平和主義で武闘否定派の龍馬だが、剣術の心得は確かなものだった。

と 水丁場

水丁場とは水防のための防衛分担区域のこと。藩政時代鏡川北岸堤防を12の組に分け武士と町人が協力して水防にあたるという組織であった。境界を示す柱石が一部残っている。

龍馬郵便局

■ 龍馬郵便局

龍馬誕生の地、上町1丁目の郵便局はその名も「龍馬郵便局」。ポストの上に龍馬が立ち、窓口に出すと、龍馬の風景印を押してくれる。

ご宿泊プラン一覧・ご予約はこちら